西表島総合旅行案内&アクティビティ予約

西表島コンシェルジュ

【行き方】ツアー代0円!手軽にいける「クーラの滝」に行く方法!【徹底解説】

西表島には滝がいっぱいあります!

雨が降って増水した時だけ現れるものも合わせれば50以上の滝があると言われています!

滝はいっぱいあるんですが、そのほとんどがツアーに参加しないと入り口すらわからないんです。

入り口がわかれば比較的スムーズにいける滝もあるんですけどね。

ツアーに参加しようとすると半日ツアーでだいたい6,000円/人くらいかかってしまいます。

僕は出来るだけ皆さんに安く西表島を楽しんでもらいたいので、

車を止める場所から分岐のポイントまで詳しく紹介したいと思います!


と、その前にツアーに参加するメリット&デメリットを確認!

やはりお金を払うだけあってツアーに参加して行くメリットはいくつもあります!

逆を考えれば、これが自力で行く時のデメリットです!

【道に迷うことがない!】

当然ですね。笑 あとどれくらいだろう…。道合ってるかな…。って心配もなし。

【宿泊先まで送迎をしてもらえて、濡れたままでも着替えずにそのまま車に!】

レンタカーは座席を濡らしてしまうと違約金をとられてしまうので注意してください。

【道中にいる生き物や自生している植物についてのおもしろ知識を教えてもらえる!】

ジャックと豆の木のモデル、トトロの葉っぱなどおもしろ知識が盛りだくさん!

【必需品は全てレンタル!】

カヌーやSUPを使う場所なら自分で持って行かない限りツアー参加必須!

現地で貸し出しだけをしている場所は0に近いです。

【危険な場所、生き物、植物を熟知!怪我をしても保険付き!】

会うことは少ないですが海や山には毒のある生き物、肌の弱い人が触るとかぶれてしまう植物もあります。


ではツアー参加のデメリットは何でしょう?

逆を考えればこちらが自力で行く場合のメリットですね!

【時間が決められている。】

「滝でもっと遊んでいたい!」とか「もうちょっと休憩したい!」と思っても時間が決まっているので移動しなきゃいけません。

【他の参加者に気を遣う。】

プライベートツアーでない限り、特に小さい子や体力に自身がない方は足手まといになってしまうことがあります。

【家族は出費が気になる。】

半日ツアーは安くても5,000円/大人。4人家族なら20,000円。旅行といえど出費は出来るだけ抑えたいですよね…。

 

結論をいえば、「お金をかけたくない&時間に縛られたくない」が最重要でなければツアーに参加するのがオススメです!


クーラの滝ってどんなところ?

クーラの滝は海中道路から少し先に行ったクーラ川の上流にある滝です!

お手軽なカヌー&SUPツアーのスポットとして島の人には有名で、いろんなツアー会社さんがアクティビティスポットとして利用しています。

距離的にも初めての人にはちょうどいいんですよね。

クーラの滝は誰が言い始めたのか「幸運の滝」とも言われているんです。

低い崖に囲まれた滝つぼはちょっと神秘的。

前日や当日に豪雨が降っていなければ滝に打たれられる強さで夏の暑さにはぴったりです!


では本題の幸運の滝「クーラの滝」の行き方を徹底解説!

今回は足ひとつ、トレッキングだけで行くルートです!!

まず、レンタカーを借りてクーラの滝に一番近い駐車場まで行きましょう!

上原港大見謝川方面に10分ほどでクーラ川の橋に到着します。

橋を渡った先に駐車場のスペースがあるので、空いていればそこに停めちゃいましょう。

ツアーの車でいっぱいだったら路肩に停めることになります。

10時〜11時、14〜16時はちょうどツアー時間なので車がいっぱいの可能性が高いです!

車を停めたらいざトレッキング開始!

駐車場から道路を挟んで向かい側のここから入っていきます。

どのツアーも入り口が最大の難所でわかりづらいんですよね。

電柱が目印です。その脇に小道が続いているのでガサガサと入っていきましょう!

入ってしまえば比較的道ができてるので迷わずに行けますよ!

人が通った道をずーーーっと奥まで進みましょう。だいたい15分くらいですかね。

そうすると分かれ道が出てきます。

迷わず右にいきましょう!

右側の木にピンクテープの目印もあるのでわかると思います!

その先を行くと今までよりは少しだけ急な下りが始まります。

下って行くとまた分かれ道が!地面を見るとわかりやすいです!

人が歩いたことによって石についたコケがハゲてます。

ピンクのテープが目印です!ここを右に行くと滝まで下るような道が続いてます!

ここで間違えてもその先を右に行けばこの道に繋がってます。

つまり「分かれ道は右に右に!」です!

初めて行くときは不安ですが、大丈夫です!

下った先にはクーラの滝が待ってますよー!

滝に打たれて、滝つぼで泳いで楽しんじゃってください!

老若男女みんなで楽しめる滝ですよ!

水のあるところは足元が滑りやすいので気をつけてくださいね!