西表島総合旅行案内&アクティビティ予約

西表島コンシェルジュ

知ったらきっと買いたくなる!?八重山ミンサー柄の由来。

八重山についたらこんな柄をよく見かけませんか?

 

これはミンサー柄といって、もとはミンサー織りという織物に施されたデザインを転用したものなんです。

見てわかる通り、五と四が並んでいますよね。

これを”いつ(五)よ(四)柄”と呼ぶのですがこれには

「いつ(五)の世(四)までもあなたを愛し続けます。」

という意味が込められているのです。

めっちゃよくないですか!!?笑

織物なので元は求婚された女性が男性にOKの意味を込めて送るものだったんですよ。

ではなぜ五と四のマークなのか。

これはムカデの足あとを意味していて、

「私の元に(ムカデの足の数ほど)足繁く通ってください。」

という意味が込められています。

なんとも積極的ですね!

さらにさらに、ミンサー織りは濃い藍色が特徴なんですけど、

その色を出すために何度も何度も色を染める事から

「愛(藍)を重ねて作りました。」という意味まであるんです!

ロマンチックじゃないですか!?

もうここまでくるとちょっと重い気もしてきますが!笑

どうでもいいでしょうけど私はもらったことがありません!


彼氏がいる、

旦那さんがいる、

好きな人がいる、

この先できるかもしれない方は

プレゼントにいかがですか?

もちろん男性にもオススメです。

本物のミンサー”織り”は高いけど、ミンサー”柄”でしたらいたるところで売ってますよー!

西表島ではミンサー織りを体験することもできますのでぜひお問い合わせください!