西表島総合旅行案内&アクティビティ予約

西表島コンシェルジュ

レア度別!西表島で出会えたらラッキーな生き物!

数多くの固有種が存在していて、世界遺産への登録も見込まれている西表島ですが、じゃあ行けばいつでも見られるのかと言えば残念ながらそうではないのが現実です…。

なので今回は西表島にいる生き物をレア度別にご紹介します!


★☆<ほぼいつでも見れる生き物>

「黒毛和牛」

西表島では石垣に行って石垣牛になったり、三重に行って松阪牛になる子牛たちが多く飼育されています。

そのため、上原港の近くや、レンタカーで少し港から離れれば放牧場があり、牛を見ることができます。

ああ、こいつらこれからドナドナされるんだなぁとしみじみするのは結構ですが、

牧場主の方の許可がない限りは不用意に近づいたり触ったりするのは危ないですからねー!


「ヤギ」

こちらも正直どこにでもいます。

沖縄ではヤギ汁等、食料として飼っている場合がありますが、この島ではほとんどがペットです。

運動会の景品の特賞がヤギだったこともあるんですよ!

上原港の徒歩圏内が一番発見しやすいと思いますが、

ヤギも牛と同様、不用意に近づかないほうがいいです。

私は仲良くなろうと近づいて突進されました!

ちなみにお隣の鳩間島には野生のヤギがいてビーチによく出没します。


★★☆☆☆<人に聞けば見つけられる生き物>

「ホタル」

正直、幼虫でよければ年中見れます。

知ってました!?ホタルって幼虫でも光るんですよ!

西表島にいるホタルは綺麗な川の近くではなくて山の中にます。

3月~4月になるとスポットの山の中はそれはそれは一面がホタルの光の海になってとっても綺麗ですよ!

光り方も特徴的で、ゲンジボタルのようにぼぅーっとついたり消えたりするのではなく、

LEDライトのようにビカビカとフラッシュ点滅しているように光ります。

ツアーに参加される際は、カメラや携帯のフラッシュは厳禁ですのでご注意を。


「カンムリワシ」

島にいれば鳴き声はよく耳にするのですが、実際に目にするのはレアです。

運転中に何気無しに電線を目をやると電柱に止まっていたりします。

カンムリワシは子供と大人で羽の色が違うのが特徴です。

島にはこのカンムリワシと意思疎通を図れる人がいるのだとか。


★★★☆☆<日帰り、数日の滞在では難しいかもしれない生き物>

「セマルハコガメ」

天然記念物に指定されているセマルハコガメですが

個人的なイメージとしては見つけようと思って探し回ると見つからず、

ふとした時に”あ、いた。”みたいな感じで見つかります。

名前の通り甲羅は丸く、近づくと頭と手足、しっぽをすっぽりと甲羅の中にしまいこんで動かなくなっちゃいます。

そんなゆっくり歩いてたら外敵に襲われるぞ!って思うほど遅く、とても愛らしいです。


「ヤシガニ」

陸上最大最強の甲殻類。それがヤシガニです。

その挟む力は、ライオンの顎に匹敵するそう。

実はヤシガニに指を切り落とされてしまった人を見たことがあるんですが

思わず”うわ…ヤシガニやっば…。”って言ってしまいました。

ヤシガニはアダンというもう初見だったらパイナップルにしか見えない木の実が好物です。

夜行性なのでナイトツアーに行かれる方は見ることができる可能性もあります。

ちなみに島の居酒屋ではヤシガニを食べられるお店もありますよー!

めちゃ高いわりに美味しくないそうですけど。


★★★★☆<運が良すぎてハッピーになれる生き物>

「ウミガメ(産卵)」

昔は多くのウミガメが産卵にきていたようですが現在は激減しているようです。

ビーチへ出るナイトツアーでも出たらラッキー、見られることは滅多にないです。

海で泳ぐウミガメでしたら夏場に結構な確率で見られるんですけどね。


★★★★★<証拠がなければ見たことを疑われる生き物>

「イリオモテヤマネコ」

住んでいる人でも一年に1回見るかどうかの超希少動物。

島に来た人からもよく”えっ…もっとわんさかいるもんだと思ってました…。”

と期待を裏切ってしまうことも多いです。

西表島は沖縄県内で沖縄本島に次いで大きな島で、その90%が未開のジャングル。

その中におよそ100匹ですからちょっとやそっとじゃ見られません。

でも近年はヤマネコが車に引かれてしまうケースも増えてきています。

増えているのか、もしくは餌がなくて山から降りてきたためなのか。解明はされていないようです。

イリオモテヤマネコを探す場合は上原港にある目撃情報地図を参考にしてみるといいかもしれません。

ドライブの方はくれぐれも轢かない様にお気をつけて!

もし見つけたら、野生生物保護センターに連絡してくださいね。

こちらも剥製でよければ野生生物保護センターや大原役場出張所のミニ資料館でいつでも見ることができます。


以上、代表的な島の生き物を紹介させていただきました。

この他にもヘビやクワガタ、カエルなどマニア垂涎のお宝希少種がいっぱいいます!

ぜひ島に見つけに来てください!