西表島総合旅行案内&アクティビティ予約

西表島コンシェルジュ

【大原港発】バスだけを使って出来るだけ安く西表島を日帰り観光する!【2019年夏決定版】

西表島に行ってみたい…でも何があるかわからないし、

「石垣島を楽しむだけでもお金がかかるのに西表島に使える予算なんてそんなにないよ。」

という方、めっちゃわかります。

なんなら西表島の船代だけで大原なら3,440円、上原なら4,510円かかちゃいます。(2019年5月現在)

この金額、石垣にいれば2〜3時間のアクティビティが1つできちゃうんですから、とても大きいです。

そんな方のために今回は西表島を出来るだけ安くバスだけで観光する方法をご紹介します!


まずはいきなりツアー工程(例)をどうぞ!

 時間

詳細

料金

 8:00 石垣港発、大原港行きの船に乗る。 往復3,440円
8:45 仲間川マングローブクルーズに乗船。(約90分) 大人1,800円 小人半額
10:10 由布島行きの路線バスに乗る。 1日券1,030円   小人半額
 10:45 由布島行きの水牛車へ  往復1,720円
園内で食事。  
 12:00 由布島側の水牛車に乗り、西表島側へ
 12:40 大原港方面のバスに乗り、野生生物保護センターへ  
 12:44 野生生物保護センター下車&観光 入場料無料※月曜定休
14:00 大原港行きのバスに乗る。  
14:23

大原港着

 
14:30 

竹富島経由石垣島行きの船に乗船

お疲れ様でした!!

合計7,990円+食事代

大原港からの観光は足に自信のない方、小さなお子様をお連れの方にオススメ!

大原港方面はカヌーやトレッキングなどのアクティビティスポットが少ない代わりに、歩いて回る観光スポットがいくつかあります。夏場はゴールデンウィークの始まりに合わせて大原港から由布島までの区間だけ臨時のバスを運行していますので、効率よくみて回ることができちゃいます!


今回は船のチケットが安い大原港から出発!

まず、決めなきゃいけないのが大原港と上原港。どちらの港に行った方がいいの?ということですがお客様がどのように西表島を楽しみたいかによっても変わってきます!

↓↓詳しくはこちらを参考になさってください!↓↓

【西表島】大原港と上原港って結局どっちに行ったらいいの?【徹底検証】

今回は上でも説明した通り、ご年配やお子様連れの方にオススメの大原港から出発です!

なんといっても上原港へ行くより1,070円も安く行けるのが魅力です!

また大原港行きは上原広域に比べて船が大きいことが多く、航路も安定していることから、船酔いしにくいのも特徴です。

まぁそれでも船酔いしちゃう人は多いので事前に酔い止めは買っておきましょうね。西表島に来てしまったら診療所はありますが、薬を売っているお店はないので注意が必要です!

そしてGWの始まりから9月末までは由布島までの臨時便が5本増えるのでバスで安く観光したい人にもGOODです!

残念ながら上原港方面は夏場でもバスは1日4本しか通っていないのでバスで観光しようと思うのはやめた方がいいです。レンタカーを借りましょうね。

今回は東部の3大観光スポットをバスで回るように組みました!

ぜひ参考になさってくださいね!


プチ得情報!

荷物の無料預かり!

西表島を観光中に使わない、どこかに置いておきたい荷物がある方はターミナル横のお土産屋さん「じゅごん」で無料で預かってもらえますよ!

障害者割引を見逃さない!

石垣島から西表島までの乗船券、マングローブクルーズの乗船券、バスの乗車券は障害者手帳を見せれば半額になります!しかもクルーズに関しては介助者1名様分も半額に!

さらに由布島でも障害者本人と介助者1名様が2割引になります!お持ちの方は手帳をお忘れのないように!

竹富島に寄って帰るのもあり!

今回の旅程では14:30発の便で石垣島に戻るように組んでいますが、この便は竹富島経由なので竹富島によってから石垣島に戻ってもいいかもしれませんね!

竹富島から石垣島への最終便が18:15まであるので、十分に見て回ることができますよ!

その代わり!石垣島行きのチケットを使って竹富島で降りてしまうと、竹富島から石垣島に戻るときにまたチケットを買わなければいけなくなるので注意してくださいね!

最初から竹富島によってから戻ると決めている方は来るときに西表島への片道で買いましょう!!